乳首を小さくしたい!乳頭縮小についてクリニックに聞きましたのアイキャッチ画像

この記事のポイント

  • 乳首の大きさや長さで悩んでいる方のために、乳首を小さくする「乳頭縮小術」について、大宮中央クリニックの院長先生や女性カウンセラーさんにお話を伺いました!
  • 乳頭縮小術の有効性や、乳首が取れてしまったり母乳が出なくなったりしないかなど、リスク面についても、院長先生が分かりやすく解説。
  • ほぼ毎日のように乳頭縮小に対応している大宮中央クリニックの女性カウンセラーさんからは、クリニック選びの参考になる乳頭縮小手術のポイントをご紹介!
乳首が大きいことでお悩みの人にとって、小さくするにはどんな方法があるのか?安全性やその後の影響など気になる所ではないでしょうか。
ここでは、乳頭縮小手術に対応している大宮中央クリニックの院長、洪 鍾秀(ホン・ジョンス)先生に、詳しくお話をうかがってきました!

乳首が大きくて悩んでいる女子は意外と多い!?院長先生に聞いてみた

大宮中央クリニック院長画像

大宮中央クリニック院長・洪 鍾秀

乳首の大きさに悩まれる方には、パートナーから指摘されて気にされる方、授乳によって乳首が大きくなってしまった方、または生まれつき乳首が長いもしくは大きいと先天的な原因で悩まれる方が多いようです。

乳首を小さくしたいというのは、今も昔も変わらず女性たちの悩みであったと思われますが、なかなか人には言いづらい問題なので表に出にくく、その数はごく少数だと思われがちです。

ですが、意外にも乳頭縮小を希望される方の数は多く、いまでは私どものような整形外科クリニックで比較的簡単に願いを叶えることができるようになったこともあって、相談件数は増加傾向にあります。

当クリニックでいえば、手術だけでも月に20~30件ほど対応していますし、手術に踏み切る前の、事前カウンセリングに来院されている方も含めれば倍くらいになるでしょう。

さらに、来院せずネットで情報収集をしている潜在的な患者様も含めれば、かなり多くの方々がこの問題で悩まれているのだということがお分かりいただけると思います。

乳首を小さくする方法は? 美容整形の乳頭縮小手術について

乳首を小さくするにはどのような方法があるのでしょうか?
乳頭を小さくする方法は?
そもそも昔はそんな方法がなかったため、諦めざるを得なかったり、生まれつきの身体的特徴として受け入れて過ごすしかなかったのではないでしょうか。
「乳首を小さくする方法」としてはどのような選択肢があるのか、先生にうかがいました。

自己努力で乳首を小さくする方法はあるのでしょうか?

大宮中央クリニック院長画像

大宮中央クリニック院長・洪 鍾秀

自己努力で乳首を小さくする方法は、ないと言っていいと思います。たとえば、乳首や乳輪の黒ずみを治したいということであれば、市販のお薬なんかを塗ることで目立たなくさせるというのは可能かもしれません。

ですが、大きい乳首を小さくするというのは、自分でどうにかできるという範囲のことではないですし、有効な方法は確立されていません。セルフケアによって小さくできる部位ではないということです。

乳頭縮小手術なら乳首は小さくできるの?

大宮中央クリニック院長画像

大宮中央クリニック院長・洪 鍾秀

大きい乳首に悩まれている人にとって、乳頭縮小手術は大変有効な方法といえます。セルフケアでは無理なわけですから。

元々、乳頭は再生能力が強い組織の集合体で、大人になっていく過程の中で物理的な刺激によってその形が大きくなっていきやすいパーツです。

乳輪と乳頭の美しさの比率は3:1程度が良いとされています。その辺りのバランスを基準にして、乳頭の陥没であったり乳頭が長すぎる場合、左右のバランスが悪い場合などを、手術によって理想の形へ整形しなおすことができます。

大宮中央クリニックの乳頭縮小手術はどのようなものですか? 乳管温存とは何ですか?

大宮中央クリニック院長画像

大宮中央クリニック院長・洪 鍾秀

乳頭縮小手術には2つの種類があり、1つは乳首の高さを低くする方法、もう1つは乳首の幅を縮小する方法があります。高さと幅、どちらか一方を行うこともできますし、2つを組み合わせて手術することもできます。

大きさや形に個人差のあるバスト、それぞれのお悩みに合わせて理想とする形を手に入れて頂くためにも、事前のカウンセリングは丁寧に行っていく必要があります。

乳管温存というのは、乳首の高さを低くする場合の乳頭縮小術で行われている手術方式のことです。母乳を出すための乳管は傷つけずに残しましょう、というものです。

術後に授乳する予定がある方には、この方式を採用します。乳管温存法は乳管を傷つけないので、若い方や出産の予定がある方にとってはすごく安心できる乳頭縮小手術ですよね。

実際に乳頭縮小手術を受けにきた患者様から受ける「よくある質問」とは?

乳頭縮小手術を受ける気持ちが固まるかどうかは、どれだけそのことについて不安を解消できたかに関わってくるのではないでしょうか。
乳頭縮小手術のカウンセリング
不安なことは、すべて事前に知って解消しておきたいですよね。そこで、実際に乳頭縮小手術を受けようとしている患者様から、必ずといっていいほど相談される質問を3つ、ご紹介します!

非常にデリケートな部位だからこそ気をつけておきたいポイントについて、先生にうかがいました。

乳首が壊死して取れてしまわない?

大宮中央クリニック院長画像

大宮中央クリニック院長・洪 鍾秀

よく聞かれる質問ですね。ごくまれなケースではありますが、起こる可能性がゼロだとは言い切れないですね。

乳頭縮小手術を受けたあとに、組織が壊死して乳首が取れてしまうというのは、例えば手術の際に乳頭を必要以上に切除しすぎてしまうなどといった、「事故」に相当するようなことが起きたのであれば、それは組織の壊死を招くことだってあり得るでしょう。

ただし、先ほども言いましたが、それは重大な手術ミスですから、そのような事が起こる頻度は相当に低いことなのです。術者個人の技量にもよるところがありますので、そういったレアケースに遭遇しないためにも、症例数の多さを調べたり、実際にそこで体験した方から話を聞くなどして、心から信頼できるクリニックと医師を選ぶことが大切です。

術後もちゃんと母乳が出るようになるの?

大宮中央クリニック院長画像

大宮中央クリニック院長・洪 鍾秀

これも非常によく聞かれますね。術後に授乳できるように乳頭縮小を行うことはもちろん可能です。さきほども触れましたが、乳管温存法というのを採用して手術を行えば大丈夫です。

乳管温存法は、乳頭縮小手術のなかでも乳頭の高さを低くする際に用います。乳首の高さを低くする際に、乳管を残したまま皮膚だけを切除する方法なので授乳への影響がありません。将来お子さんが産まれてからも、母乳で育てることができますよ。

熟練した医師であればなおのこと、乳頭縮小の際に組織に傷をつけるようなことが起きにくいと考えて差し支えないと思います。

乳頭縮小手術の費用は?

大宮中央クリニック院長画像

大宮中央クリニック院長・洪 鍾秀

多くの美容クリニックで受けられるようになってきた乳頭縮小手術ですが、費用はどのくらいかかるのかについてはクリニックによってバラつきがありますね。

費用の目安が分かりにくくなっている要因の1つに、片側の乳首の料金だけをHPに掲載していたり、片側や両側の記載もなく、ただ単に金額だけ書かれていたりと表記の不統一があると思います。

なかなか分かりにくい乳頭縮小の相場を平均すると両方で20万円から35万円ほどの値段で落ち着いています。両側を希望する方が大半ですが、片側だけを希望する場合は、およそ半額程度と考えていただければと思います。

乳首を小さくする方法について まとめ

昔なら諦めるしかなかった、乳首が大きい・乳首を小さくしたいというお悩みは、乳頭縮小手術によって一気に解決させることが可能で、授乳などについても安心できることがお分かり頂けたかと思います。

悩まれるよりは、まずは無料相談・カウンセリングをしっかりと行ってくれる医師を選ばれることから始めましょう。

取材協力・監修

大宮中央クリニック院内画像
医院名 大宮中央クリニック
住所 埼玉県さいたま市大宮区宮町1-5大宮銀座ビル4F
最寄り駅 JR大宮駅

この記事に関連する施術

他にこんな記事が読まれています

トクーナで予約&施術をすると
費用の10%
現金でキャッシュバック!

全国のお得な美容外科を探す
TOP