紫外線ケアで日焼けを防ごう!シミ予防に大人気の「美白点滴」もチェック! のアイキャッチ画像

この記事のポイント

  • 紫外線ケアと美白点滴について。まずは紫外線ケアの基礎として、紫外線の種類、紫外線の強くなる季節や時間などを分かりやすく解説します。
  • 注目の美白ケア「美白点滴」がどうお肌に良いのか、どんな成分にどんな効果があるのか、金額、実際受ける時の流れなどを詳しくご紹介します。
  • 「美白点滴」が受けられるおすすめクリニックも独自にピックアップしてみました!ぜひチェックしてみてください。

日差しが強くなってくると、紫外線が気になるという人も多いことでしょう。紫外線は単に日焼けするというだけでなく、シミ・そばかす、老化、肌ダメージ等の原因になりますから、しっかりとしたケアが必要になります。

そこで今回は、紫外線ケアのポイントと、最新のシミ予防・美白ケア「美白点滴(美肌点滴)」についてご紹介したいと思います。

お肌の大敵、紫外線にも種類がある

一口に「紫外線」といっても、いくつか種類があるのをご存知でしょうか。紫外線は大きく分けてUVA、UVB、UVCという3種類の光線に分かれます。

このうち、お肌にとってケアが必要な紫外線はUVAとUVBになります。UVCはオゾン層で吸収されてしまうので、オゾン層に守られている限りは地表に到達することはありません。

UVAとUVBはどう違う?

UVAとUVB違いは、光の波長です。
UVAは波長の長い紫外線で、屋内や車の中にいても窓ガラスを通過して皮膚まで届き、真皮層にまで達します。日焼けの原因にもなりますし、コラーゲンを破壊するのでシワやたるみの原因にもなります。

UVBは、それとは反対に、波長の短い紫外線です。波長が短いので屋内にいればほとんど届きませんが、外に出るときには注意が必要です。表皮層でメラノサイトを刺激して、メラニン色素を過剰に生み出させるのです。これが、シミやソバカスにつながります。さらに多量に浴びると皮膚がんの原因にもなりかねませんから、UVBには要注意です。

紫外線が強くなる季節や時間帯は?

紫外線が強くなる季節、時間帯
紫外線は太陽光線に含まれて地上に到達しますから、日照時間と関係があります。日の長くなり始める4月や5月頃から、紫外線はどんどん増えてゆきます。夏至をむかえる6月下旬はさらに高まり、7月にピークを迎えます。

8月は気温も高く日差しもキツイので、紫外線が強そうなメージをもたれがちですが、日照時間が短くなっていくので7月に比べれば減少に転じます。日も短く、涼しくなり始める10月頃には紫外線の量もかなり落ち着いてきます。

一日のうちで紫外線量がピークを迎える時間帯は、昼12時くらいです。日本は南北に長いので、場所によってやや差が生じますが、多くの地域では昼12時くらいに紫外線が多くなります。

屋内や曇り空でも安心できない? 紫外線を浴びないようにする工夫

紫外線を浴びないようにする工夫
できるだけ紫外線を浴びないようにするには、どうしたらいいのでしょう。紫外線ケアのポイントをみてみましょう。

屋内でも油断せず紫外線ケアを!

UVA波のところで説明しましたが、波長の長い紫外線であるUVAは、屋内にいても建物や路面などから反射し、窓ガラスを通過して皮膚まで届きます。野外ではないから安心というワケではありません。

水の中も紫外線は届きます

プールや海に行って、水中に潜ってしまえば大丈夫と思う方も多いようですが、水中にも紫外線は届いています。わずかに吸収はされますが、ゼロにはなりません。また、水面が日光を反射することで余計に紫外線を浴びやすくなる場合もあり、注意が必要です。

日焼けやシミを作らない紫外線対策あれこれ

紫外線対策はいろいろあります。ちょっとした心がけから、グッズを利用したものまで様々。代表的なものをまとめてみました。

日中、日差しが強い時間帯は外出しない
窓辺にはなるべく近づかない
日傘や大きめのサングラスを使う
車や家の窓にUVカットフィルムを貼る
UVカット成分の入ったコスメを使う
日焼け止めを塗る

日焼け止めについては、どれが最適なのか選び方が分からないという方もいると思いますので、基本的な日焼け止めの選び方をご紹介しましょう。

SPF? PA? 日焼け止め選びのポイント

日焼け止めを選ぶとき、SPFやPAといった表示や「+」などの記号が一体何のことなのか、よく分からない!という人も多いのではないでしょうか。実は最初のほうに解説した紫外線の種類(UVA/UVB)とそれぞれに対応している製品の種別を知っておくと、とても分かりやすくなるんです。

・UVAを防ぐ日焼け止め →PA
波長の長いUVAを防ぐのに適した日焼け止めは「PA」と書かれている日焼け止めです。効果の強さは「+」マークで表されていて、「+」の個数が多いほうが、より強い日差しを受けそうなシーンに適しています。

屋内で窓の近くや自然光の入りやすい場所で作業する時間が長い人は、窓を通して入ってくるUVA波をブロックして、光老化やシワ・たるみ、真皮層への肌ダメージを予防しましょう。

・UVBを防ぐ日焼け止め →SPF
波長が短く、シミやソバカスの原因にもなるUVBを防ぐのに適した日焼け止めは「SPF」と書かれている日焼け止めです。1から50までの数字が書かれていることがありますが、これはUVB派による炎症防止時間の長さを表しています。
屋外作業やレジャーなど、長時間を外ですごす際には、数値の高いSPF日焼け止めを使用するようにしましょう。

UVAにもUVBにも使えるオススメ日焼け止め

日焼け止めは使い分けや塗りなおしが面倒になるので、最近では1本でUVAにもUVBにも対応できる商品が人気。代表的なアイテムを1つご紹介します。

KOSEサンカット商品画像

KOSE サンカット パーフェクト UV ジェル

メーカー名:KOSE
商品名:KOSE サンカット パーフェクト UV ジェル
UVカット:SPF50+ PA++++
参考価格:734円
Amazonでこの商品をみる

高密着で水や汗に強く、肌を紫外線から守ります。SPF50+ PA++++はUVケアとしては最高レベル。UVAにもUVBにもこれ1本で安心。

注目の美肌・美白ケア「美白点滴」「美肌点滴」って?

美白点滴(美肌点滴)とは?
紫外線でダメージを受けてしまったお肌に栄養を注ぎ、シミになるメラニン色素の沈着を防いで、より色白で美しいお肌にするための美容点滴として、「美白点滴」や「美肌点滴」が人気です。効果や費用などについてご紹介します。

美白点滴・美肌点滴とは?

効果によって様々な種類に分かれる美容点滴のうちのひとつで、クリニックによっては白玉点滴、あるいは高濃度ビタミンC点滴などと呼ばれることもあります。肌のホワイトニングやアンチエイジングに適しています。

肌を白くし、シミ予防、日焼け・色素沈着を防ぐ効果が期待できます。点滴は血管を通じて体内に点滴液の成分が届くため、サプリメントなどを飲むより効率よく吸収されていきます。

美白点滴、美肌点滴の効果は? 高濃度グルタチオンてどんな成分?

多くのクリニックの美白点滴や美肌点滴に使用されている主な成分は、医療用の高濃度グルタチオンです。

高濃度グルタチオンとは、人の体の細胞で合成される、トリペプチド(グルタミン、グリシン、システイン)というアミノ酸のことで、強力な抗酸化作用があることで、老化を遅らせる働きやデトックス作用、シミ黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑えるといった、お肌に嬉しい効果が期待できます。また、肝機能改善や造血促進といった効果もあるといわれています。

同じ点滴によく配合されることがあるのが、高濃度ビタミンCです。ビタミンCのアンチエイジング効果や疲労回復効果は有名ですが、それが高濃度に凝縮されて配合されており、グルタチオンと合わせてお肌の老化防止、シミ防止、ダメージ回復を促します。

美肌点滴も、クリニックによって成分の種類や配合バランスが異なりますが、上記の成分のほかに、各種ビタミンやお肌を白くするのに有効なトラネキサム酸などが配合されることもあり、これらがバランスよく組み合わさることで美白効果が一層高まります。

美容クリニックだと費用はいくらくらいで受けられる?

美白点滴(美肌点滴)の料金・費用
点滴の成分内容が独自のブレンドになっている場合が多いため、美白点滴や美肌点滴の費用はクリニックによってまちまちですが、だいたい1回5000円~15000円くらいで受けることができます。

1回点滴するだけではなく、何度か繰り返して受けるほうが美白や肌ダメージ回復、老化防止シミ予防の効果は高くなりますので、複数回受けるのがおすすめです。

美白点滴を実際に受けるとしたらどんな感じ?

美白点滴を実際にクリニックで受ける際の流れをご説明します。
美白点滴を美容クリニックで受診
①予約して来院、受付けを済ませる
お近くで美白点滴を行っているクリニックを調べ、事前に予約して来院します。受付け後には、アレルギー有無の確認など簡単な問診票に記入を求められることが多いです。

②カウンセリングもしくは診察をして点滴注入へ
問診票への記入が終わると、カウンセリングもしくは診察へ。健康状態の確認や点滴をしても問題ないかどうかなどの判断を行って、要望をききながら最適な点滴を患者さんとともに選んで決めていきます。

③点滴が終わるまで院内でリラックス
点滴の行えるスペースで、美白成分を点滴によって浸透させていきます。短ければ30分、長くても60分くらい。
クリニックによってはベッド上での施術になり、アイマスクなどを貸し出してくれるところもあります。終わるまで仮眠していく患者さんが多いというのも分かりますね。

④すべて完了したらお会計
点滴が終わったら会計となります。クリニックによってはカウンセリング終了時に会計する場合も。点滴が落ちきるまでの時間以外はそれぞれ数分から10分前後ととても短いので本当に手軽に受けることができます。

美白(美肌)点滴が受けられるおすすめクリニック

全国の美容整形クリニックのなかから、美白(美肌)点滴が受けられるおすすめのクリニックをいくつかピックアップしてご紹介します!

トクーナから予約して施術を受ければ施術費用の10%がキャッシュバックされます。お近くにクリニックがある方はぜひチェックしてみてください。

東京美容外科 (新宿院)

・所在地:東京都 新宿区
・最寄り駅:東京メトロ丸ノ内線 西新宿駅
・メニュー名:美肌点滴 1回
・費用:10000円
東京美容外科 (新宿院) 美肌点滴のページへ

共立美容外科・歯科 大阪本院(心斎橋)

・所在地:大阪府 大阪市中央区
・最寄り駅:大阪市営地下鉄御堂筋線 心斎橋駅
・メニュー名:スペシャルアンチエイジング点滴
・費用:10800円
共立美容外科・歯科 大阪本院(心斎橋) スペシャルアンチエイジング点滴のページへ

名古屋中央クリニック

・所在地:愛知県 名古屋市中村区
・最寄り駅:JR中央本線(名古屋~塩尻) 名古屋駅
・メニュー名:美肌点滴
・費用:5000円~
名古屋中央クリニック 美肌点滴のページへ

東京美容外科 仙台院

・所在地:宮城県 仙台市青葉区
・最寄り駅:JR仙石線 あおば通駅
・メニュー名:美肌点滴 1回
・費用:10000円
東京美容外科 仙台院 美肌点滴のページへ

アンベリエクリニック (広島)

・所在地:広島県 広島市中区
・最寄り駅:アストラムライン 県庁前駅
・メニュー名:総合アンチエイジング 点滴1回
・費用:8000円
アンベリエクリニック 総合アンチエイジング点滴のページへ

清美会クリニック (博多)

・所在地:福岡県 福岡市中央区
・最寄り駅:西鉄福岡(天神)駅
・メニュー名:アンチエイジング美肌点滴
・費用:6600円
清美会クリニック アンチエイジング美肌点滴のページへ

全国の美白点滴が受けられるクリニック一覧

トクーナでは、美白点滴・美肌点滴は「アンチエイジング(その他)」のカテゴリに含まれています。以下のリンクからお住まいの都道府県を選択して、お近くの美容クリニックをお探しください。
アンチエイジング治療が受けられる全国の美容外科・クリニック

紫外線をなるべく浴びないように心がけ、内側からの美白ケアを!

紫外線に気を付けて内側からの美白ケア
なるべく紫外線を浴びないように外側をしっかりブロックしたら、色白肌を保てるように内側からも点滴などで栄養補給をしてあげましょう。これが今後の紫外線(シミそばかす)ケアのスタンダードになっていくかもしれません。

紫外線の強くなる時期も、工夫やお手入れ次第で快適に過ごせそうです。点滴はゆったりとリラックスして受けられるので、ストレスケアとしてもオススメです。お手軽に受診できますから、ぜひトライしてみてくださいね!

この記事に関連する施術

他にこんな記事が読まれています

トクーナで予約&施術をすると
費用の10%
現金でキャッシュバック!

全国のお得な美容外科を探す
TOP