夏休みを使ってダウンタイムを乗り切ろう!令和最初の夏こそ整形の大チャンス!のアイキャッチ画像

この記事のポイント

  • 令和最初の夏休み!長期間のお休みはダウンタイムを乗り切るのにも最適!諦めていた整形にトライするチャンスです。
  • ダウンタイムが1週間以上続くような整形メニューでも、きちんとスケジュールを組めば連休中にしっかりとダウンタイムを乗り切ることができます!
  • 人気の施術メニューとダウンタイムの目安も、部位ごとにまとめました。10日間もあればどうにかできちゃうものがたくさん!ダウンタイムがほとんどない手軽な整形メニューなら数日のお休みしかとれないという人でも大丈夫。

新たな年号になった2019年。令和最初の夏は、年号とともに新しい自分を手に入れる絶好のチャンスです。

夏休みは「自分を変える」ためのビッグチャンス!

業界や職種などにもよると思いますが、7月〜9月付近で夏休みをとる人も多いのではないでしょうか。数日の夏休みに有給休暇などを足して、長期的に休暇をエンジョイするという人も少なくないでしょう。

これは、美容整形にとってはまたとないチャンスです。
夏休みなどの長期休暇の間にダウンタイムのピークをやり過ごすことができれば、周囲に気づかれることなくスムーズにイメージチェンジすることができます!

施術の内容によっては、腫れや赤みや内出血などのダウンタイムが数日間続くことはザラにあります。3連休でさえ、これをやり過ごすには短い時間といえる場合もあるでしょう。

それが夏休みともなれば話はガラっと変わります。仕事で人に会うこともないですから、腫れなどが治まらなくて誰かに気づかれてしまうという可能性もガクンと下がり、安心して美容整形を受けることができるというワケです。

ダウンタイムのピークはたいてい術後3~4日!1週間もすればメイクOKに

どのような施術にも、ダウンタイムが存在します。施術の内容によって、その重い・軽いが決まってきます。

注射を打ったりするようなダメージの軽い施術は、当然のことながらダウンタイムも軽く、1日~2日で元の生活と変わらない状態になることがほとんどです。

切開や組織の切除をともなう美容整形になると、さすがにもう少し時間が必要になりますが、それでもピークは3日後~4日後である場合が多いのです。

それを過ぎて術後1週間にもなれば、おおかたの腫れや赤み、内出血などが落ち着いてきます。その頃には(整形メニューにもよりますが)抜糸を行い、メイクをしたりすることが可能になるケースが多いので、目立たなくして外出することも十分可能です。

予約&カウンセリングを済ませて休み直前で施術!

実際にはどのようなスケジュール感で治療もしくは施術を受ければベストなのでしょうか。少しシミュレーションしてみましょう。

夏休み中にダウンタイムを終えるための理想的なスケジュールは、夏休みが始まる前の週のうちに予約やカウンセリングを済ませておき、休み直前もしくは入ってすぐくらいのタイミングで施術が受けられるのが理想的といえるでしょう。

ギリギリまで仕事だよー!という方は、夏休みに入って落ち着いてから、ダウンタイムの短いメニュー受けるのが良さそうです。2~3日で治まるメニューも少なくありませんし、ダウンタイム1週間程度のものでさえ、うまくすればお休み中に収まります。

ダウンタイムが長めの施術を希望される方は、ダウンタイム期間がご自身の夏休みをハミ出してしまわないように、慎重にスケジュールを組むことが大切です。

こんな施術がおすすめ!夏休み中にダウンタイムをクリアできる施術一覧

それほど大掛かりな施術でなければ、ダウンタイムが1週間~10日程度で済む施術は意外とたくさんあります。

気になる施術メニューがある方は、このチャンスを逃さずに思い切ってトライしてみてはいかがでしょうか?

二重の整形メニューとダウンタイム

◎:二重埋没法(4日~1週間)

△:二重切開法(2週間~1ヶ月)

目・二重の整形が受けられる美容外科を探す

目元の整形メニューとダウンタイム

◎:涙袋形成(3日~1週間)

○:目頭切開(1週間~3週間)
○:目尻切開(1週間~2週間)

×:眼瞼下垂(2週間~1ヶ月)

目元の整形が受けられる美容外科を探す

鼻の整形メニューとダウンタイム

◎:鼻プチ整形(ヒアルロン酸、レディエッセ、アクアミド)(ほとんど無し)

○:隆鼻術(シリコンプロテーゼ)(数日~1週間程度)

△:鼻尖形成・だんご鼻整形(1週間~1ヶ月程度)

鼻の整形が受けられる美容外科を探す

口元の整形メニューとダウンタイム

◎:ヒアルロン酸(唇を厚く)(ほぼナシ)

○:口唇縮小術(唇を薄く・小さく)(1週間~10日程度)

△:ガミースマイル(1週間~3週間)

口もと、唇の整形が受けられる美容外科を探す

シワ・たるみの整形メニューとダウンタイム

◎:レーザー治療(ほぼナシ)
◎:ヒアルロン酸注射(ほぼナシ)
◎:ボトックス注射(ほぼナシ)
◎:フェイスリフト 糸(ほぼナシ)

○:フェイスリフト手術(1週間~10日)

顔のシワ・たるみが受けられる美容外科を探す

シミ・そばかすの整形メニューとダウンタイム

◎:フォトフェイシャル(ほぼナシ)
◎:イオン導入(ほぼナシ)

○:レーザー治療(ほぼナシ~10日程度)

顔と肌のシミ取りが受けられる美容外科を探す

ワキガ・多汗の整形メニューとダウンタイム

◎:ミラドライ(1~2日)
◎:ビューホット(1~2日)
◎:ボトックス注射(ほぼナシ)

△:剪除法(1週間~2週間)

わきが手術、多汗症治療が受けられる美容外科を探す

予定をうまく合わせて夏休みを活かそう!

当然といえば当然ですが、改めてダウンタイムを見てみると、どのような施術なのか、その内容によってダウンタイムの長さが大きく左右されるのが分かりますね。

やはり注射やレーザー治療などは皮膚組織や肉体への負担が軽いのでダウンタイムが短くて済み、切開が必要な整形メニューになってくると、長くなります。どの施術でも抜糸までがだいたい1週間くらいは必要なようです。

それでも、ダウンタイムが気になって二の足を踏んでしまい、いつもチャンスを逃していた人にとっては、思い切ってトライする絶好のチャンスですから、ぜひこの機会を見逃さないようにしてください。夏休みのうちにダウンタイムを終え、令和最初の夏を新たな自分で気持ちよくスタートさせてください!

他にこんな記事が読まれています

トクーナで予約&施術をすると
費用の10%
現金でキャッシュバック!

全国のお得な美容外科を探す

こんにちはゲストさん[ログイン]

会員登録をする
トクーナから予約すると!!施術費用10%キャッシュバック
TOP